高校中退から就職実現!厳選情報まとめ

*

高校中退後、安定した就職を目指すなら。

top-ue

リクナビNEXT[90%の転職者が利用!]
詳細
★★★★★
  • 高校中退者の支持率No.1の就職サイト!
  • 求人情報総数は業界トップクラス
  • 転職活動の効率を上げる会員限定機能
  • 利用者の声
    良かった
    高校を中退して、しばらくアルバイトをしていたが、そろそろ正社員として就職したいと考えて、リクナビNEXTに登録した。リクナビNEXTには、学歴不問や未経験者OKの求人が多く、業界や職種を選ばなければ、正社員になるのも夢ではないことがわかった。検索機能が充実しているので求人を探しやすい、希望条件を登録しておけば、毎週新着情報が届く。企業からのオファーを待てる「スカウト制度」もあるようなので、レジュメを作成して、さらに選択肢を広げようと思っている。
    良かった
    いざ就職活動を始めようと思っても、高校を中退した私には、仕事を探す方法も、何を用意しなければならなのかも、教えてくれるひとがいませんでした。リクナビNEXTはコンテンツが充実していて、業界や仕事内容のことから、求人票のチェックポイント、履歴書の書き方、面接応対の方法まで、わかりやすく紹介されています。髪型や服装、履歴書に貼る写真のことまで、具体的に書かれていたので、とても参考になりました。興味が持てる求人を見つけたので、これからエントリーする予定です。
    普通
    リクナビNEXTは、業界の中でもトップクラスの求人数だと聞いていた。確かに思っていたより、高校中退でも応募できる求人は多かったが、職種は偏っている気がする。また、応募にあたって、個人にアドバイスをしてくれるわけではないので、書類選考に落ちたり、面接まで進んで不採用になった理由がわからず、なかなか決まらないので心配だ。


    1.学歴が中卒の現実

     高校中退後、就職活動を始めて実感するのは、最終学歴が中卒では応募できる業界や職種が限定されることです。残念ながら、いわゆるホワイトカラーと呼ばれる職種に就くのは難しく、さらに仕事はしていても、約7割がパートタイマーという現実があります。高校中退という事実が変えられない中で、安定した就職を目指すには、どんな方法があるのでしょうか。

    2.確実に就職するためには

     高校中退者が就職したいと考えるなら、仕事に直結した資格を取得するのは一番の早道です。では、高校中退でも取得できる資格にはどんなものがあるのか、考えてみましょう。

    ★ここがポイント!
    ・不動産業界に強い、宅地建物取引主任者
    ・働きながら資格取得が目指せる、准看護師
    ・手に職を目指す、調理師、製菓衛生師、クリーニング師

     上記のような仕事に直結した資格を持っていると、就職活動はスムーズに進みます。また、ネイリストやインテリアコーディネーター、キッチンスペシャリスト、フードコーディネーター、マイクロソフトオフィススペシャリストなどの民間資格も、中卒で取得が可能です。自分が興味・関心を持てる分野の資格を取得して、その業界で就職を探してみるのもよいと思います。

    3.高卒認定資格があれば選択肢が広がる!

     美容師や理容師、保育士などの資格を取得したいと考えたとき、学歴が中卒なことで受検すらできないこともあります。通信制や定時制の高校に通うのが難しいのであれば、高卒認定資格をとるという方法をおすすめします。最短6カ月で取得が可能ですし、高卒認定資格を取れば、応募条件が高卒の求人に応募できるようになります。就職の選択肢の幅を広げるためには、高卒という肩書を持つことが重要だということです。

    資格は手段であって、目的ではない

     高校中退後、就職活動がうまくいかず、いろいろな資格取得にチャレンジする人も少なくありません。ですが、資格をたくさん持っていれば就職できるというわけではありません。自分が働きたい業界や職種で仕事をするために、専門スキルを身につけること、それを証明することが、資格取得の目的です。あくまでも就職のための手段であって、資格取得自体が目的になることがないように、将来につながる何かを探しましょう。

    公開日:
    最終更新日:2015/02/02